2014年8月4日月曜日

炎天 ③

炎天をさ迷ふ蝶やビルの森

(えんてんを さまよふてふや びるのもり) 季語:炎天(夏)

兼題 [炎天] 投句
      新宿新都心の超高層ビルの通路を、ふらふらふらふらと力なく飛んでいる黒揚羽。
      気温36度はアスファルト路面は65℃位になっている。炎帝からの受難に蝶も形無しのよう・・・。   
      これは「黒揚羽」にこだわったために季重なりを承知で投句し、あえなく没!(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿