2014年5月30日金曜日

芍薬

朝明けや白き芍薬紅ほのか 


(あさあけやしろきしゃくやくべにほのか) 季語: 芍薬(夏)










2014年5月16日金曜日

籐椅子⑤

籐椅子やまどろみに風の戯れ


(たういすやまどろみにかぜのたはむれ)  季語: 籐椅子 (夏)



兼題 籐椅子⑤ 投句


  籐椅子は私にとって良きパートナーのような存在。包容力はあるし、
  優しく癒してくれる・・・。

  リラックスには欠かせない生活の道具かも。
  吹いてくる微風に髪を梳かれながら夢見心地のひととき・・・。



2014年5月15日木曜日

籐椅子④

黄金虫何をおもひし籐の椅子

(こがねむしなにをおもひしとうのいす) 季語: 籐椅子(夏)



兼題 籐椅子④ 投句
黄金虫が窓から突然飛び込んできた。黄金虫、というとカール・ユング(心理学者)が
シンクロニシティ(意味のある偶然の一致=共時性)について、黄金虫の話をしていた
のを憶いだした・・・。共時性での黄金虫は誰か人を表わすこともあるらしい。

2014年5月14日水曜日

籐椅子③

籐椅子や夜深けのワイン微酔す


(とういすやよふけのわいんほろよひす) 季語: 籐椅子(夏)






  兼題 籐椅子③ 投句
  籐椅子という兼題を与えられての3句目。籐椅子は生活に馴染み一体化していることを
  改めて認識した。「涼感」を求められたようだけど、日々の暮らしに溶け込んだ折々の
  思いの方に気持ちが膨らんだ・・・。けれど表現できぬもどかしさ!

2014年5月12日月曜日

籐椅子 ②

籐椅子や障子透かして入り日影


(とういすや しやうじすかして いりひかげ) 季語: 籐椅子(夏)






   兼題 籐椅子② 投句



  喧噪の一日が終り、ほっと寛ぐひとときの夕日の光りにはとても癒し効果があると思う。
  
 交感神経が副交感神経にギアチェンジし、リラックスモードへ変わりつつ・・・。

2014年5月10日土曜日

籐椅子 ① 

山宿のしじまなりけり籐の椅子


(やまやどのしじまなりけりとうのいす) 季語: 籐椅子(夏)






  那須塩原市沼っ原湿原(H25/5/3撮影)
  
  兼題 籐椅子 俳句ポスト投稿  (並)入選


2014年5月6日火曜日

ライラック ③

ライラック花叢透かし異土の空


(らいらっく はなむらすかし いどのそら)  季語: ライラック(春)




デンマークで5月の晴れた日はもう陽射しが強く夏日のようだ。

 歩き疲れてリラの木陰に身をおいて空を見上げる・・・。

そこにはやはり日本とは異なる青い空が広がっていた。


2014年5月5日月曜日

ライラック ②

ライラック十字架仰ぎ禱りをり

(らいらっくじふじかあふぎいのりをり) 季語:ライラック(春)


コペンハーゲン、チャーチル公園からの眺望。
聖アルバニア教会の美しい佇まい。
このあたりはライラックがあちこちで満開だった。独り旅の無事を祈って・・・。

リラがあちこちで満開。チャーチル公園付近。






 すぐそばに「フィオンの泉」という大きな噴水噴水は女神を中心に
4頭の雄牛が囲み勇壮で迫力あり観光スポットになっている。
このあたりはライラックがあちこちで満開だった。独り旅の無事を祈って・・・。

2014年5月4日日曜日

ライラック①

わが袖に匂ひ零れぬライラック

(わがそでににほひこぼれぬらいらっく) 季語:ライラック (春)