2014年10月1日水曜日

紅芙蓉

日めくりの迅き朝や紅芙蓉

(ひめくりの はやきあしたや べにふよう) 季語:紅芙蓉(秋)












先日、TVで小椋桂さんの「小椋佳-生前葬コンサート(2014/09/12~15)」の
模様が放送されて、懐かしい曲の数々と、小椋桂さんの心境が披露されていた。

彼は70歳を機に3S(Simple、Slowly、Steady)の人生にしていく・・・とのこと。
簡素でゆっくり、ゆったり(落ち着いて)、というところかな

この生き方は私も以前から共感を覚えていて、林住期時代はゆっくり、ゆったり
シンプルに生活したいと願っていたのだけど、ままならず・・。

まだまだ古稀には時間はあるけれど「これからの時間を大切に!」と、
10月31日の誕生日を持って相談室を閉めることにした。

そのため、それでなくても忙しい日々が、疾風迅雷のごとく忙殺となった。

引っ越し、物の処分、不動産整理、諸々の手続き・・・etc、etc
カレンダーをみたら、もう10月!! 何していた9月という感じ。


日めくりのような、一日花の薄紅の日本芙蓉が今朝も美しく咲いた・・・




2014年9月9日火曜日

秋草 ④ 

見はるかす湖に秋草吹かれをり
(みはるかす うみにあきくさ ふかれをり) 季語:秋草(秋)



兼題 [秋草] 投句
数年前の9月初旬、満天の星空と写友を訪ね、北海道(道東)に旅をしました。まさに秋草が乱れ咲き、網走湖を渡ってくる秋風に吹かれ気分爽快・・! 
その時の情景を詠みましたが、心ならずも写真の説明句のようになっていました。^^; 
北海道大好きな友人や写友のお陰で道東の魅力をいっぱい案内してもらえて、ミルキィウェイも撮影でき、忘れられない旅となりました。^^


2014年9月8日月曜日

秋草 ③

秋草や六道輪廻忘れ居り


(あきくさや ろくどうりんね わすれをり) 季語:秋草(秋)






兼題 [秋草] 投稿

写真は秋桜ですが、野路の秋草を眺めているだけで心が清らかに和んできます。怒り、執着、貪りなどの気持ちも忽ちに浄化されて涅槃寂静(ねはんじゃくじょう=やすらぎの意)の気持ちになってきます。自分としては投稿した中でも、選外ですが好きな句です。

ちなみに六道(ろくどう)とは、仏教語で煩悩という迷いが輪廻するという、天上道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道の6つの心の世界のことをいいます。




2014年9月7日日曜日

秋草 ② 

秋草や一直線の甃

(あきくさや いっちょくせんの いしだたみ) 季語:秋草(秋)






兼題 [秋草] 俳句ポスト投稿 (人)入選

シェイクスピアの生まれ故郷、英国のストラトフォード・アポン・エイヴォンに訪れた時に驚いたのが道路に敷き詰められた甃(いしだたみ)でした。ヨーロッパは甃が多いですが一直線に伸びた美しい甃が忘れられません。西洋の秋草や秋薔薇の風情も素晴らしかったです。
フィルムでしか写真が残っていないので、本日は東京都下の公園の石畳と彼岸華を・・・!


2014年9月6日土曜日

秋草 ① 

筋雲の流れ疾きや秋の草

(すぢぐもの ながれはやきや あきのくさ)  季語: 秋草(秋)






兼題 [秋草] 俳句ポスト投句 (人選)入選


八ヶ岳山麓に出かけたとき、澄んだ青空に風が強いためでしょうか、筋雲が流れるように疾く過ぎ去っていき、せかされているようで何か心もとない感じがしました。
薄や吾亦紅、女郎花などの背丈のある秋草が風に靡くのが心の揺れと相俟って・・。


2014年9月5日金曜日

秋の灯 オルゴール

秋の灯や廻る追憶ヲルゴール 


(あきのひや めぐるつひおく をるごーる) 季語:秋の灯(秋)






[スイスで買ったオルゴール、曲はエーデルワイス]

引っ越しで段ボール箱に入れっぱなしだったオルゴール・・・俳友のブログを見て思い出し、
引っ張り出してきました。エーデルワイスの曲を聴きながら旅の追憶に耽る静かな夜・・。


2014年8月29日金曜日

猿の腰掛 ④ 猿茸

猿茸掴み損なひ川っ淵

(ましらたけ つかみそこなひ かわっぷち) 季語:猿の腰掛(秋)



兼題 [猿の腰掛] 投句


   老大木にまるで空へ伸びた階段のように猿の腰掛を見つけた。ひとつ採ろうとして  駆けよったところ、木の葉や苔に足を取られて川っ淵に滑り落ちた・・!との妄想句。



2014年8月26日火曜日

猿の腰掛 ③ 猿茸

猿茸追ひつさまよふ椈美林


(ましらたけ おひつさまよふ ぶなびりん)  季語:猿の腰掛(秋)





兼題 [猿の腰掛] 投句 


  兼題「猿の腰掛」は7音もあり、とても難題でした。傍題「猿茸(ましらたけ)で詠んでみました。

  写真のこの椈美林はSwedenの南部の小山の途中にあります。
  倒木や朽木も多くあり、猿茸も見かけたのですが残念ながら写真は撮ってきませんでした。
  今思えば残念!また機会があれば・・・。

  ■8/25は松山市の俳都宣言に、Swedenのラーシュ・ヴァリエ在日大使が基調講演「世界から見た
   俳句の世界」をされました。



2014年8月25日月曜日

猿の腰掛 ② 胡孫眼

摂りつきてなほ幾歳ぞ胡孫眼



(とりつきて なほいくとせぞ こそんがん) 季語:猿の腰掛(秋)

武蔵野の森公園



兼題 [猿の腰掛] 投句 (並)入選

   
   
    橡と思われる樹に摂りついたきのこ。比較的新しいもののようでしたがこの先、
   
   何年栄養を摂取しながら生き延びていくのでしょうか・・・。

   季語「猿の腰掛」の傍題[胡孫眼]で詠んでみました。

2014年8月24日日曜日

猿の腰掛 ①

七重八重猿の腰掛け波打てり

(ななへやへ さるのこしかけ なみうてり)   季語:猿の腰掛(秋)




兼題 [猿の腰掛] 俳句ポスト投句 (並)入


老木に、七重八重に寄せる波頭のようなサルノコシカケを見つけました。猿が座るにはちょっと小さいけれど、煎じて飲むにはちょうど良さそう・・・。
この猿の腰掛でがん予防になるとは、真実なのでしょうか?値段が高そうですね。



2014年8月23日土曜日

百日紅

百日紅大正浪漫萬翆荘

(さるすべり たいしょうろまん ばんすいそう) 季語:百日紅(夏)





■愛媛県松山市にある歴史的建造物で松山城の城山の南麓に位置するフランス風の西洋館です。国の指定重要文化財になっています。第15代松山藩主にあたる久松定謨伯爵の別邸として建てられ、皇族方のお立ち寄りの館とされていました。

■百日紅(さるすべり)秋の季語かと思っていたら、夏でしたね。でも今真っ盛り・・・!




2014年8月22日金曜日

法師蝉 ④

空蝉てふかたち寂しき法師蝉


(うつせみてふ かたちさびしき ほふしぜみ)   季語:法師蝉(秋)
                                                                                                                                                 





空蝉は夏の季語ですが、どうしてもこの句に使いたく季重ね承知で作句しました。^^;
また破調の六・七・五になっています。初心者だからと「笑って許して♪」ください。
この空蝉が法師蝉かどうかは定かではないですが、殻を脱いで新世界に飛び出す蝉たちの
8年越しの必死の命の営みにひどく心打たれた由縁で・・・。




2014年8月19日火曜日

法師蝉 ③

今日限り禁酒決めたり法師蝉

(けふかぎり きんしゅきめたり ほふしぜみ) 季語:法師蝉(秋)
サワー用のグラスに見えるけど実はミネラルウォーター用です。



夏の暑気払いで楽しく飲んだ・・・私は体調のため禁酒です。^^;



■兼題 [法師蝉] 投句(お便りコーナーに掲載) 
夏風邪が胃腸にきてしまって、きりきり痛み「今日を限りにお酒は飲まない」と決心しました!が、いかに・・・。つくづくおーし!つくづくおーし!(つくづく惜~し!) なんちゃって。
この投句が半月以上も前・・・いまだに一滴も飲んでいません。飲めなくなったのかも?


2014年8月18日月曜日

法師蝉 ②

玉響に聲の沈みぬ法師蝉

(たまゆらに こえのしづみぬ ほふしぜみ)  季語:法師蝉(秋)



兼題 [法師蝉] 俳句ポスト投句          ■写真は都立桜が丘公園 (旧多摩聖跡記念館)

雑木林の中法師蝉の鳴き声を聞き入っていたが、ふっと静かになってしまい、何か心もとなくなってしまった・・・。

2014年8月17日日曜日

法師蝉 ①

聖跡の森に聞きゐる法師蝉


(せいせきの もりにききゐる ほふしぜみ) 季語:法師蝉 (秋)


兼題 [法師蝉] 俳句ポスト投句 「人」入選


聖跡とは多摩市(東京都)にある歴史的建造物と起伏の激しい雑木林からなる自然公園です。旧多摩聖蹟記念館は、明治天皇の当地への行幸を記念して作られた施設で、天皇・皇后の歌碑も建造されています。


2014年8月6日水曜日

月涼し

ハイウェイの濃青の空を月涼し


(はいうぇいの こあをのそらを つきすずし) 季語:月涼し(夏)






6日の夕方、新宿からの帰宅途中「宵月」があがっている・・。ハイウェイで車の運転中だったけれどつい見とれてしまった。一般道に入ってシャッターを切った(18時半頃)。日中の猛暑を忘れさせてくれるほど空も月も澄んでいた・・・。夏の月光らしく白々と冴えている。夏の季語も今日一日を残すのみとなりなんだか寂しい・・・。(8/6 記)

2014年8月5日火曜日

葭簾

簾透く露路の青きや夕さるる


(すだれすく ろぢのあおきや ゆふさるる) 季語:簾 (夏)

                               風情のある葭簾(夏の季語)



星岡の露路

8/7結果発表の「俳句ポスト」の兼題「夏深し」は、夏風邪で投句をお休み。
立秋までの夏の季語での作句をいくつか詠んでいた句を転載します。

■写真は茶会(阿佐ヶ谷/星岡)のあと、露路を臨む廊下から撮影。
■露路(ろじ)とは、茶席に入るまえに茶庭と建物の間にある風情ある通路をいいます。



2014年8月4日月曜日

炎天 ③

炎天をさ迷ふ蝶やビルの森

(えんてんを さまよふてふや びるのもり) 季語:炎天(夏)

兼題 [炎天] 投句
      新宿新都心の超高層ビルの通路を、ふらふらふらふらと力なく飛んでいる黒揚羽。
      気温36度はアスファルト路面は65℃位になっている。炎帝からの受難に蝶も形無しのよう・・・。   
      これは「黒揚羽」にこだわったために季重なりを承知で投句し、あえなく没!(笑)

2014年8月3日日曜日

炎天 ②

炎天やレール弐糎膨張す 

(えんてんや れーるにせんち ばうちやうす季語:炎天(夏)



兼題 [炎天] 投句
 炎天下のレール()の線膨張率は熱膨張0.000012だそうです。此処では省きますが公式があり、例えば 50mのレールだと「レール長さ50m、温度40℃」であれば、次のような計算で「0.000012(線膨 張率)*5000*40°=2.4(膨張)になります!スゴイな! ◆(写真は春の長閑な津軽鉄道)

2014年8月2日土曜日

炎天 ①

炎天や狗の亡骸スラム街
 

(えんてんや いぬのなきがら すらむがい) 季語:炎天(夏)

兼題 [炎天] 俳句ポスト 投句  (人)入選

タイに里子がいるので訪ねたスラム街、道端に狗のなきがらや糞などが入り混じって落ちていました。炎天下の子供らの不衛生で劣悪な環境には心底驚愕しました!
さすがにその写真は掲載できず、多摩の夏の夕日にしました。


2014年7月30日水曜日

蓮 ⑤

夕ざりの宝珠の蓮や花扇


(ゆふざりの ほうじゅのはすや はなあふぎ)  季語:蓮(夏)






兼題 [蓮] 投句

   この句は「夕ざり」という茶事に飾られた花扇の主なる花「蓮華」を詠みました。

 花扇(はなおうぎ)とは毎年七夕の日に、近衛家から宮中に献上されているものです。

 それに習い七種の植物に宝珠型の蓮を加えて作った阿佐ヶ谷の「星岡」

 井関先生の手作り花扇が見事です!
 
 七夕の日(旧暦)に催される「夕ざり」という茶事の床荘として花扇がとても雅です。
  (写真がないのが残念ですが・・・)
  夕ざり(夕去りの意)では、席入りが日が沈み始める時間になり、茶事の間は仄暗い手燭で

  照らされた中での茶事のやりとりが行われ、しっとりとした情感があります。


  その仄暗い床に掛けられた花扇に、宝珠型の蓮が輝きを放ち、とても幽玄です・・・。



2014年7月29日火曜日

蓮 ④

風食べた光を食べた蓮の笑み

 (かぜたべた ひかりをたべた はすのえみ) 季語:蓮(夏)






兼題 [蓮] 投句
   
  夏の朝、蓮池を吹きわたる風、朝のひかりを存分に食べて蓮華がひらきゆく・・・

2014年7月28日月曜日

蓮 ③

幽明のあはひに匂ふ蓮華かな

 (いうめいの あはひににほふ れんげかな)  季語:蓮(夏)



兼題 [蓮] 投句

お盆になると供花に「蓮華」を捧げて一人息子の供養をします。聞くところに因ればあの世には香りだけがとどくのだそうです。幽明を異にしていても、ともに清らかな蓮の香を嗅ぎながら未だに幼い子と語りあっています。

2014年7月27日日曜日

蓮 ②

蓮の舟櫂を攫はれ漂へり 

(はすのふね かいをさらはれ ただよへり)  季語:蓮(夏)




兼題 [蓮] 投句

三日間だけ咲いて散り逝くという蓮の花・・・ひらりと水面に降りて幽界へと漂う舟のごとく。
俳句の友人が「櫂は蕊ですね」とコメントくださり、ぴったりと思う。

しばし、蓮の舟で漂う自分を想像・連想・夢想・・・の楽しいひととき・・・



2014年7月25日金曜日

蓮 ①

朝しじま幽けき蓮のふぉんと鳴り 


(あさしじま かそけきはすの ふぉんとなり)  季語:蓮(夏)




兼題 蓮 投句  (人)入選句

写真は町田市の薬師池の蓮、この公園はシーズン中は朝早くから入園できる。